MENU

自動車税をクレジットカード決済で支払う方法

クレジットカード,自動車税,メリット

自動車税は、車を持っている人が、毎年支払わなければいけない、車についての税金です。

 

自動車税以外の税金と同様に、自動車税も滞納すると問題が起きますので、
納付日までに必ず支払わなければなりません。

 

自動車税は一年に一回必ず発生するもものですが、うっかり忘れてしまっていたという人も、大勢いるようです。

 

指定口座からの引き落としや、コンビニでの支払いが、自動車税の定番の支払い方法でした。

 

クレジットカードで自動車税の支払いが可能になっているところもあります。
残念ながら、コンビニでクレジットカード払いをすることは一部を除き不可能ですが、コンビニ以外では可能なようです。

 

自動車税のクレジットカードによる支払いは便利

クレジットカードの中には、カードで支払った金額に応じてポイントが入るものもあり、
これは税金の支払いにもあてはまります。

 

とはいえ、自治体によっては全てのクレジットカードに対応しているとは限りませんので、
事前にチェックしてみることが大事になります。

 

クレジットカードで税金の支払いをする時には、手数料が生じますので、
現金手払いのほうが、お得な場合もあります。

 

場所によっては、手数料が発生しないで、クレジットカード払いで自動車税が払えるところもあります。

 

納税通知書と、クレジットカードを手元に置いた状態で、インターネットからの支払い手続きが可能なところもあります。
便利な自動車税のクレジットカードによる支払いは、今後は利用する人が増えてくることは容易に想像ができます。


自動車の税金はクレジットカードによる納付が可能

クレジットカードの中には、使えば使うほど、お得なポイントがもらえるタイプがあります。

 

日用品の買い物や、コンビニの決済などでも、クレジットカードを使う場面は多くなっています。
公共料金の支払いについても、クレジットカードが活用できるようになっているくらいです。

 

自動車を保有しているとガソリン代や故障した時の修理代などの経費がかかります。
特に自動車の税金は、日常的に感じるものではないものの、必ず発生しているものといえます。

 

自動車の税金は、一年に一回支払いの請求が来ますので、必ず支払わなければいけないというものです。

 

車検もクレジットカード払いでお得

クレジットカードで自動車税を支払うことについては、各都道府県の自治体がどのように納付を受けているかで異なります。
自動車の車検を受ける年になると、

  • 整備費用
  • 重量税
  • 保険代

などを請求されます。

 

車検については、どんな整備会社に車検を依頼するかで異なっていますが、
多くの店舗ではクレジットカード払いが可能です。

 

クレジットカードの利用が可能な場合には、すべての費用で支払える場合と、
法定費用を除いた整備費用のみクレジットカード払いに対応している場合があります。

 

もともと、クレジットカード決済では、店側が一定額の手数料を負担する取り決めになっていますので、
法定費用はそこに当てはまらないと考える店舗もあるわけです。

 

クレジットカードのポイントをため方法は色々とありますが、
車に関わる税金や諸費用の支払いにカードを使うことで、ポイントが入りやすくなります。

自動車税をクレジットカード払いする時のメリットとデメリット

クレジットカードの普及にともなって、今では自動車税の支払いもクレジットカードで出来るようになってきました。

 

自動車税は都道府県ごとの納付なので、どこで暮らしているかでも事情は変わりますが、
適用範囲は広がってきています。

 

クレジットカード払いで自動車税を納める時には、どんな注意点があり、
また、どんな強みがあるでしょうか。

 

メリット

クレジットカードであれば、自動車税を納付しに行くためにかかる時間や交通費などの削減をすることができます。
クレジットカードで自動車税を支払うことで、カードのマイレージやポイントを貯めることができるようになります。
手持ちの現金がなくても、クレジットカードを所持していれば、すぐに支払いの手続きができるところもいい点です。

 

デメリット

メリットだけでなく、反対にデメリットもあるので、
クレジットカードで自動車税を納付する場合には確認しておきましょう。
自動車税をクレジットカードで払う時には、100円くらいの手数料がいるということは、知っておかなければなりません。
クレジットカードを利用することは、カード情報が漏洩する可能性があるということですが、これはごくわずかな発生率だといえるでしょう。

 

 

納付する金額が高額の場合には、クレジットカードで払えば高ポイントをゲットすることが出来ます。

 

クレジットカードに入るポイントと、手数料との比較をする必要があるでしょう。
自動車税をクレジットカードで支払うことを考える場合、

  • 手軽に手続きができることと
  • ポイントが入ることと
  • 情報漏れリスク

を天秤にかけることになります。

自動車税をクレジットカードで払ってポイントをもらう

クレジットカード,自動車税,メリット

自動車税だけに限りませんが、一般的には税金の支払いにクレジットカードは
使えないことが多い
です。

 

ただし、別にできないと定められているわけではなく、都道府県によってはクレジット払いに
対応しているところもあります。

 

例えば東京都はそうです。

 

東京都であれば、自動車税の納付にはクレジットカードが利用できますから、
当然のこととしてクレジットカードのポイントも付くということになります

 

ただ、今のところこのようなことができる都道府県は非常に限られており、
誰でもというわけには行きません。

 

クレジットカード払いにする裏技

ただし、ちょっと裏技的方法ですが、間接的にクレジットカード払いにする方法はあります。

 

それは、セブンイレブンでnanacoカードを使う方法です。

 

これまた一般的には税金の支払いに電子マネーは使えないのですが、nanacoだけは別で、しかも全国で使えます。

 

このnanacoのチャージにはクレジットカードが使えますので、間接的に利用することができ、もちろんポイントも付くことになります。


自動車税は期限内納付ならクレジットカードが便利

クレジットカード,自動車税,メリット

自動車税は、毎年1月1日の所有者に課税され、納付期限は5月31日です。

 

買い物には現金派とクレジットカード派がいますが、クレジットカードのメリットは利用によってポイントがたまることです。

 

税金を支払うのにもポイントがたまれば、税の負担感も多少は改善されますが、
民間のお店の場合、クレジットカードの決済手数料はお店が負担しています。

 

カードで納税した人の徴税コストを税金である役所のお金で負担することには議論があるため、
納税の場合のカードの決済手数料は、利用者のカードに上乗せされることになっています。

 

そのため、自動車税をクレジットカード納付する場合、
現金で納めるよりも決済手数料分費用が余計にかかりますが、
納税額も小さくないため、ポイントも十分にたまります。

 

また、車検の際に、以前は納税証明書や納付の領収書が必要でしたが、
現在は領収書がなくても陸運局で確認してくれるため、
カード納付をすれば、窓口に納付に行ったり、領収書を保管する手間も省くことができます。

自動車税はコンビニ支払いよりもクレジットカードの方が絶対お得な理由

クレジットカード,自動車税,メリット

自動車税は役所にて直接支払う方法の他に、近年クレジットカードやコンビニ支払いもできるようになり支払い方法の多様化が進んでいます。

 

どのように支払うかはそれぞれの事情によりますが、クレジットカードで支払いを行う方が絶対にお得です。

 

クレジットカードで支払う場合お得な理由の1つは、税金であるにも関わらず分割払いが可能であるということです。

 

自動車税は乗用車で30000円以上支払う必要があり、夫婦で1台ずつ所持している等の理由で2台ともなるとかなりの金額となります。

 

計画的に貯蓄出来ていれば良いですが、なかなか痛い出費であることには間違いありません。

 

クレジットカードを使用することで自動車税を分割払いにすれば、毎月自分の収入の範囲で支払い回数等を決めることができます。

 

また、自動車税を支払うことでポイントが貯まれば、さらにお得なのは言うまでもありません。コンビニ支払いでは手数料もかかります。

 

以上の理由からコンビニ払いよりもクレジットカードの方がお得なのです。

[自動車税をクレジットカードで納付する]関連情報

このページの先頭へ